【コラム】冬の空き家対策と管理①

こんにちは。アキサポの竹内です。

今年もあっという間に師走の季節となりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

空き家は、台風や積雪などの自然災害が発生した際に、空き家自体の倒壊・破損の危険性と、屋根材や外壁の飛散などによって隣家に被害を与える危険性があり、近隣住民に大きな不安を与えています。

 

今日は、空き家が抱える冬ならではのリスクを紹介します。

 

リスク①【水道管】

一段と寒さが厳しくなる12月から2月下旬頃までは、水道管や蛇口などの給水装置の凍結が多くなる時期です。

外の気温がマイナス4度以下になったときや真冬日が続くとき、またマイナス4度に達しなくても風の強いときは要注意です。

 

家の中でも、北側の風が当りやすい場所にある水道が凍結しやすく、

空き屋・空き部屋をお持ちの場合はもちろんのこと、旅行などで家を留守にするときや、長期間水道を使用しない場合は、凍結・破裂させないためにもしっかりと水抜きをしておきましょう!

 

凍結すると、水が出なくなるのはもちろんのこと、解氷作業や水道管の破裂修理に高い費用がかかります。

 

また、ボイラーや湯沸器などが凍結した場合、器具の故障の原因になるほか、アパートで水道管が破裂した場合、流れ出た水により、下の階の入居者にまで迷惑をかける恐れがあります。

 

あなたは冬の空き家対策を行っていますか?不安に感じた方はアキサポまでご連絡ください!無料相談受付中です。

次回は・・・・リスク②【積雪】