アキサポ活用事例

ページタイトル

2020.08.10

倉庫

不法投棄が続く空き家は視認性の悪さを利用してバイクガレージへ

バイクガレージ/大田区

BEFORE

AFTER

シャッターもなく長年雨風に晒され、不法投棄物が散乱していた状態でご相談をいただきました。
バイクユーザーの多い第一京浜に近い立地に着目し、倉庫としての貸し出しではなく「見えづらい」そして「車が入りづらい細い道」という視認性の悪さをメリットとする逆転の発想で、大型バイクガレージに生まれ変わりました。
地域の方からも「使い道なんてない」「いつ壊れるかわからない」と不安視されていた物件が、きれいになり、人通りも増えて安心して生活できると好評でした。

建築年月1990年10月
駅徒歩徒歩7分
延床面積(2棟)48.60㎡/37.76㎡(2F事務所:43.43)
構造木造平屋倉庫/鉄骨造陸屋根2階建