ページタイトル

公開日:2024.06.10 更新日:2024.06.10

NEW

空き家購入のメリット・デメリットとは?物件を探す方法も解説

コストゼロ
空き家を活用
改修工事から入居者募集、
維持管理まで
にお任せ
\所有者様はこちら/ 空き家活用の相談をする \空き家のお悩み相談はこちら/ 空き家なんでも相談窓口

家を買う際の選択肢を広く持っておくと、希望に合った物件を手に入れやすくなるでしょう。新築や築浅の中古物件などのほか、現在人が住んでいない空き家も候補のひとつになります。

空き家には、新築物件にはないメリットとデメリットがあります。まずは空き家物件の特徴を知り、検討することが大切です。ここでは、空き家購入のメリット・デメリットのほか、おすすめの空き家物件の探し方を紹介します。

空き家購入のメリット

家を購入する際、空き家を選ぶメリットにはどのようなものがあるでしょうか。まずは、空き家購入のメリットを2つご紹介します。

物件価格が安い

空き家は、新築物件や人が居住中の中古物件などに比べると安価な傾向があります。
売り出されている空き家の多くは、すでに人が住んでおらず、売却先を探している状態です。例えば、ライフスタイルの変化によって住み替えをしたものの、元の家が売れずに売却先を探した状態のまま新居に引っ越した場合や、相続で実家を引き継いだものの住む方がいない場合などが該当します。

そのため、空き家の所有者は、新築価格よりも値段を下げて売却を図ります。特に、長期間売れずに残ってしまった物件や、築年数が古くそのままではとても人が住めない物件などは、早期に手放すためにできるだけ価格を下げて購入者を探すこともあるでしょう。
購入後に、購入者自身がリフォームなどを必要とする物件でも、物件の購入価格自体が低ければトータルコストを抑えられる可能性が高くなります。また、思い切ったリフォームで自分らしい住まいを実現したいという方にも、購入価格を抑えて物件を手に入れられる空き家はおすすめです。

空き家のリフォームに対する補助金が出る場合がある

空き家のリフォームには、補助金が出る可能性があります。国や地方自治体では、適切なリフォームを促し、空き家を減らすための施策を行っています。これからご紹介するような制度を活用すれば、空き家のリフォームに必要な負担を抑えることが可能です。

国が行っている事業としては「長期優良住宅化リフォーム推進事業」があります。この事業は、空き家を含む既存の住宅に対して、指定のリフォーム工事を行った場合に補助を受けられるものです。
対象となるのは、耐震性向上のための工事やシロアリ対策工事などです。ただし、補助金を受け取るためには、工事後の物件が一定の要件を満たすことといった条件があります。申請も、個人ではなくリフォーム会社といった業者から行わなければならないため、申請に対応できる業者を選定する必要があるでしょう。

そのほか、自治体によっては、リフォーム工事の補助金制度を設けているケースがあります。補助の有無や条件などは自治体ごとに異なるため、それぞれの自治体のウェブサイトなどを確認してください。地域に根差した業者に相談すると、利用できる制度を教えてもらえることもあります。

空き家購入のデメリット

空き家購入を検討する際は、メリットと併せて、デメリットについても知っておかなければいけません。空き家購入のデメリットは、下記のとおりです。

建物の劣化のスピードが早い

築年数が一定以上経過し、管理が行き届いていない空き家は、その分建物が劣化するスピードも早くなります。いくらリフォームや補強工事などを行っても、住宅の躯体自体に問題が生じてしまうと長く住み続けるのは難しいでしょう。

また、築年数が長い建物は、住んでいるうちにどんどん不具合が出てきます。メンテナンスしながら住んでいくにせよ、何十年も住み続けられるとは限りません。住宅を購入する前に、ホームインスペクション(住宅診断)を依頼するなどの対策をとって、物件の状態を確認しておくことが大切です。

購入後のコストが高くつく場合がある

空き家は購入コストが低い反面、購入後に多くの費用がかかる可能性が高くなっています。コスト面を重視して空き家を選ぶ際は、購入後のコストについても考えておかなければいけません。
前述のとおり、空き家は劣化が進みやすく、ある程度手を入れないと住めない可能性が高いため、その結果リフォーム費用がかさみがちです。先程ご紹介した、国や地方自治体からの補助金などを利用できる可能性もありますが、それでも一切の負担なく住める可能性は少ないでしょう。

また、住み始めてから思わぬ問題が生じるおそれもあります。問題ないと思っていた箇所に不具合が生じて、想定していなかった費用がかかることもありえます。空き家を購入するときは、物件価格以外のリフォーム費用についても考慮に入れて、本当に割安かどうか検討してください。

なお、築年数が古い空き家の場合、住宅ローン控除を利用できないといった問題が生じる可能性もあります。耐震基準を満たすことを証明したり、耐震改修を行ったりすることで、住宅ローンを受けられることもできますが、元々耐震基準を満たしていない空き家は、多額の耐震工事費用が発生します。

空き家物件の探し方

ここからは、空き家物件を探す方法を4つご紹介します。できるだけ多くの空き家情報を集めて、希望に合う住まいを見つけましょう。

不動産会社に問い合わせる

不動産会社への問い合わせは、空き家を探す基本的な方法です。空き家の購入を希望する地域に根差した営業を行っている不動産会社を選んで、問い合わせてみましょう。

また、不動産会社が運営しているウェブサイトに空き家の物件情報が掲載されていることもあります。希望に合致する物件がないか、こまめにチェックすることも大切です。

空き家バンクで検索する

空き家バンクとは、地方自治体が主体となって運営している空き家情報サイトです。空き家バンク制度があるかどうかは自治体によって異なるため、自治体のウェブサイトでチェックしてみてください。

空き家バンクでは、空き家を売りたい方が情報をウェブサイトに登録し、買いたい方が検索して希望の物件を探します。不動産会社の仲介を受けずに物件を購入することも可能で、その場合仲介手数料は無料です。ただし、トラブル防止やスムーズな手続きのために、地域の不動産会社に仲介を依頼することもできます。

なお、空き家バンクには、提携不動産会社が運営する全国版のウェブサイトもあります。全国の空き家を確認できるため、自宅から遠い地域の空き家を探したい方にもおすすめです。

空き家のマッチングサービスを利用する

空き家は、民間の空き家マッチングサービスを利用して探すこともできます。

例えば、株式会社ジェクトワンが運営する「アキサポ」の「空き家の掲示板」は、空き家の売却情報を掲示板に掲載し、買いたい方が検索できるサービスです。空き家の所有者様と直接やりとりできるため、状態の質問や値段の交渉、内見日程の調整なども容易に行えます。商談にはアキサポが立ち会いを行うため、トラブルの心配もありません。また、アキサポで仲介業務を行う場合は、オンラインでのサポートも可能です。(※売主様が土地の権利証をお持ちで、低廉な物件の場合のみ)

アキサポのマッチングサービスの詳細は、こちらをご覧ください。

現地に行って直接調べる

ある程度住民の方とのつながりが強い地域で空き家物件を探す場合は、現地で聞き込みをするというのもひとつの方法です。アナログなやり方ですが、地域に住んでいる方の様子などもわかりますし、不動産会社が持っていない情報を得られる可能性もあります。同様に、インターネット上では見つけられない物件が眠っていることもありえます。
これから住む地域を見ておくという意味でも、現地を訪問することには一定のメリットがあるといえるでしょう。

空き家の購入を、さまざまな方法で検討してみよう

空き家なら、コストを抑えて広々とした住宅を手に入れることも十分可能です。理想の住まいや暮らし方に合致するのでしたら、空き家も視野に入れて物件探しをしてみてはいかがでしょうか。

空き家解決サービスアキサポ空き家の掲示板には、空き家を売りたい人の書き込みが数多く寄せられています。地域や物件の広さなどで簡単に絞り込みもできますから、希望に合う物件がないかチェックしてみてください。

空き家活用のご相談はこちら
空き家売却・マッチングのご相談はこちら