ページタイトル

2022.01.24

【一括比較】おすすめの空き家管理代行サービス4選!探し方・選び方を解説

建物や土地、特に空き家というものは年月の経過とともに劣化するものですから、空き家を所有している場合は維持・管理について考える必要があります。

ですが空き家をお持ちの方の中には「なぜ管理する必要があるのか?」「管理の手間やコストを軽減する方法はないのか?」といった疑問をお持ちの方も多いでしょう。

そんな方にとって便利なのが、空き家管理代行サービスです。

今回は、比較に役立つおすすめの空き家管理代行サービスの紹介をはじめ、空き家管理代行サービスの基礎知識、空き家管理が大切な理由、空き家管理代行サービスのメリット・デメリット、空き家管理代行サービスの探し方・選び方などを分かりやすく解説します。

空き家管理代行サービスとは

業者の人間

空き家管理代行サービスとは、文字どおり「空き家を維持・管理するためのさまざまな作業を有料で代行するサービス」です。

主に提供してくれるサービスは下記のとおりです。

・換気:建物内の空気の入れ替え及び確認
・通水:水漏れや水道メーター異常などのチェック
・清掃:屋内外の清掃
・屋内確認:雨漏りや傷み、カビなどのチェック
・屋外確認:庭木や雑草、外壁や瓦などのチェック
・剪定:除草や庭木の剪定など
・ポスト確認:郵便物の確認・整理

空き家は日常管理を怠ると劣化・損傷の進行が早まります。特に換気を怠ると湿気やホコリがたまり、カビや害虫、シロアリなどの発生に繋がるため要注意です。

空き家を放置し続けると、建物が傷むだけでなく、周辺環境に悪影響を及ぼす可能性もあります。雑草の繁茂や害虫の発生、破損した建物により人的被害が出る可能性もあります。

空き家の犯罪リスクについて詳しく知りたい方はこちら

また、空き家の状態が悪化し続けると、行政によって「特定空き家」という、特に問題のある空き家に指定されるケースも。特定空き家のまま放置し続けると、固定資産税の減税措置が解除されたり、最悪の場合は代執行により空き家を取り壊され、取り壊した費用を請求される可能性もあります。

そのため、空き家を所有したら、可能な限り管理を行い、健全な状態に保つ必要があるのです。

特定空家・空き家対策特別措置法について詳しく知りたい方はこちら

空き家管理代行サービスのメリット・デメリット

○と×を掲げる

空き家管理代行サービスは、空き家の状態維持にとても便利なサービスですが、空き家管理において最善の選択とは言いきれません。場合によっては売却や活用などが適しているケースもあるでしょう。

そのため、空き家管理代行サービスを検討する際は、メリットとデメリットの両方を把握してから依頼するようにしましょう。

空き家管理代行サービスのメリット

空き家管理代行サービスを利用する大きなメリットはまず、「手間を省いて空き家を管理できる点」です。

持ち主が自分で空き家を管理するには、管理作業自体に手間や時間がかかるだけでなく移動にも時間を取られることになります。

さらに、空き家は定期的な管理が重要であることを考えると、空き家が遠隔地にある場合や時間的な余裕がない方にとっては、何度も空き家の管理に手間や時間をかけるのは大きな負担となるでしょう。

しかし、空き家管理代行サービスを利用すればこれらの問題は解決できます。所有者に代わってサービス提供会社が現場でさまざまな作業を代行してくれるわけですから、作業や移動に時間を取られることはなくなります。

また、もうひとつ大きなメリットとなるのが「専門家によって空き家を管理できる点」です。

知識が不十分な状態で空き家の管理を進めると、点検箇所の見落としや不適切な管理により思わぬトラブルを招くリスクが高まってしまいます。

しかし、空き家管理代行サービスであれば、専門的な知識のもとで管理できるため、空き家に対しより適切な維持・管理が行えます。

サービス提供者の中には、「売却や土地活用」「空き家活用相談」「相続相談」など、空き家・不動産に関連したサービスを並行して手掛けている会社も多いため、空き家の将来的な使い道について相談できるパートナーとなれるような会社を見つけることができれば、より多くのメリットを期待できるでしょう。

空き家管理代行サービスのデメリット

デメリットとして第一に挙げるべき点は「費用がかかる点」です。

当然ですが、空き家管理代行サービスは有料です。そのため、手間や時間の負担が大幅に軽減されるとはいえ、金銭的な負担が必要になります。

ただし、自身で空き家を管理する場合にも、移動のための交通費・宿泊費・備品代などさまざまな費用がかかるため「双方の費用」を比べて空き家管理代行サービスを利用すべきかどうか検討すると良いでしょう。

また、空き家管理代行サービスを利用する際、「サービス選定に失敗するリスクがある」点もデメリットとして挙げられます。

ニーズの高まりを受けてか、空き家管理代行サービスには現在さまざまな企業が参入していますが、料金・提供サービスの内容・クオリティは当然企業によって千差万別です。また、空き家の管理に関するニーズは人それぞれですから、サービスやクオリティ自体が優れていても「相性が合わない」という可能性もあります。

今回の記事では、後ほど「空き家管理代行サービスの探し方と選び方」「おすすめの空き家代行サービス」などを紹介しますので、それらも参考にしながら適切なサービス選定に役立ててください。

空き家管理代行サービスの探し方と選び方

枯葉の掃除風景

ここからは、相性の良い空き家管理代行サービスを見つけるための「探し方」「選び方」をそれぞれ解説します。

空き家管理代行サービスの探し方

空き家管理代行サービスの探し方は主に以下二つの方法があります。

1.空き家管理代行サービス一括比較サイトで探す
2.所有している物件に対応するサービスから探す

まずひとつ目の「空き家管理代行サービス一括比較サイト」ですが、こちらは文字どおり複数社の空き家管理サービスや料金を一括比較できるWebサイトのことです。

利用方法はシンプルで、エリア・物件の種別・希望する提供サービスなどを選択して送信すると、後ほど複数社の管理プランや費用をまとめた見積もりが届く仕様となっています。

一括比較サイトの利用自体は無料ですので、少ない手間で複数社のサービス内容や料金を比較できる手軽さが最大の魅力だといえるでしょう。

ただし、比較できる会社は「該当の空き家管理代行サービス一括比較サイトに登録されている会社のみ」となるため、世の中のすべての空き家管理代行サービスをチェックできるわけではありません。

また、見積もり依頼時には、名前・住所・連絡先などのお客様情報を入力する必要があり、匿名では利用できない点にも注意が必要です。

次に、二つ目の「所有している物件に対応するサービスから探す」方法ですが、具体的な流れとしては、空き家管理代行サービスを提供しているWebサイトをひとつひとつチェックしていき、自己の所有物件と相性の良いサービスを探す形です。

一括比較サイトよりはもちろん手間がかかりますが、プランや料金を見るだけならば匿名で利用できますし、自分のペースに合わせてサービスをじっくり選べるメリットがあります。

空き家管理代行サービスの選び方

大前提として先述の通り、ベストな空き家管理代行サービスは人によって違います。

理由は単純で、人それぞれ空き家管理代行サービスに求める提供サービスの内容、希望する予算などが異なるからです。

つまり大切なのは、「自分と最も相性の良い空き家管理代行サービスを見つけること」ですので、ここからはその点を踏まえて空き家管理代行サービス選定時のポイントをいくつか紹介します。

サービスの強みを理解する

相性の良い空き家管理代行サービスを見つけるにはまず、各社の強みを理解することが大切です。

・ランニングコストが安い
・サービス内容(作業内容やオプション)が充実している
・セキュリティ面に強い
・利用者満足度が高い

こうした各社の強みを理解することにより、自分のニーズによりフィットするサービスを絞り込みやすくなるでしょう。

サービスの弱点を理解する

空き家管理代行サービスで失敗しないためには、各社の強みを理解するだけでは十分ではありません。いくら魅力的な強みを備えていても、致命的な弱点があるようなサービスでは思わぬ不利益を被る可能性もあります。

・プランに含まれていないオプションが高い
・状況に応じた臨機応変な対応に弱い

これらはあくまで一例ですが、さまざまな可能性を踏まえて各社のサービスをチェックし、どのような点が弱点であるかもあらかじめ理解するようにしましょう。

実績や利用者の声を参考にする

提供サービスの内容や料金といった表面的な情報だけでは、空き家管理代行サービスの質を図ることは難しいでしょう。

飲食店を探す際に、利用者の数や口コミから「その店の評判や商品の質」を判断する人が多いように、実績や利用者の声というのは「質」を判断する上での大きな参考材料となります。

したがって、気になるサービスを見つけた際には、これまでの実績や利用者の声をチェックし、「そのサービスのどんな点が優れているのか」「利用者は何に満足しているのか」などを把握した上で、自分のニーズとマッチするサービスであるかを判断しましょう。

おすすめの空き家管理代行サービス4選

サムズアップする男性

ここからは、数ある空き家管理代行サービスの中からおすすめのサービスを4つ厳選し、それぞれの料金や特徴、対応エリアなどの情報をご紹介します。

各社の特徴、プランごとの違いなどを踏まえて、比較検討の参考にしてみてください。

大東建託パートナーズ

運営会社大東建託パートナーズ株式会社
対応エリア全国対応(全国186営業所の管理物件エリアがサービス対象地域)
料金月額5,500円(税込)~
拠点数全国186拠点(営業所)
主な事業内容空き家管理サービス、空き家活用(売却・建て替え・不用品の処分・遺品整理など)、相続相談&税金相談

※対応エリアおよび料金は空き家管理サービスに対して

【提供サービスの詳細】

内外部巡回サービス外部巡回サービスマンション巡回サービス
月額料金/巡回数11,000円/1回5,500円/1回8,800円/1回
外部確認清掃・除草
室内確認・清掃換気・通水
巡回報告書
郵便物の転送サービス
災害時臨時巡回

※巡回はすべて月1回

大東建託パートナーズは、建設および不動産業界で国内大手である大東建託グループに所属しており、豊富な実績に基づいた信頼性の高さが大きな強みです。空き家管理代行サービスについては、空き家の内部・外部両方の巡回サービスを提供するとともに、マンション専用の巡回サービスも提供しています。

また、空き家管理サービスだけでなく、売却相談・土地活用といった物件活用法のサポート、相続・税金関係の相談など、空き家オーナー向けのサービスを幅広く提供しています。

NPO法人空き家・空き地管理センター

運営会社特定非営利活動法人 空家・空地管理センター
対応エリア全国対応(全国462市町村(2022.1.16時点))
料金月額100円(税込)~
拠点数2拠点
主な事業内容空き家・空地の管理、空き家・空地に関する調査・データ公表、空き家・空地の活用に関するコンサルティング

※対応エリアおよび料金は空き家管理サービスに対して

【提供サービスの詳細】

100円管理しっかり管理
月額料金/巡回数100円/1回4,000円/1回7,500円/
2回15,000円/
4回(※)※お掃除1回サービス
目視で建物点検
クレーム一時対応
報告書のメール送付
管理看板の設置
近隣挨拶
敷地内ごみ処理 
敷地内庭木確認
通気・換気
雨漏り点検
通水
ポスト清掃

空家・空地管理センターの提供する空き家管理サービスの特徴は、何と言っても月額100円で手軽に管理を委託できる「100円管理サービス」が用意されている点です。

こちらのサービスは、リフォーム産業新聞やマイナビニュースをはじめ、さまざまなメディアで紹介されるなど、数ある空き家管理サービスの中でも斬新なサービスとして取り上げられています。

ただし、100円管理サービスは外部からの目視点検により「事件を抑制することを目的」としていますので、通気・通水・雨漏り点検、清掃といった空き家で直接作業するような内容は含まれていません。

ただし、空家・空地管理センターの空き家管理サービスは、基本プランに追加できるオプション(月500円でポスト清掃、月950円で郵便物の転送など)が豊富に用意されているため、希望するコストを踏まえて必要なサービスを組み立てていけるのが大きな魅力です。

ちなみに空家・空地管理センターでは、空き家の管理以外にも以下のような空き家関連サービスを提供しています。

・無料月イチ相談会、電話相談会など、空き家の利活用に関する相談を受け付け
・司法書士や行政書士と連携しながら、相続問題をサポート
・自宅から無料で相談できる「空き家の売却・活用・管理」に関する個別相談(年間1,500件超の利用実績あり)

上記はあくまで一例で、空き家に関するさまざま悩みに対するサービス、サポートを提供しているため、将来的な空き家の利活用について相談しながら空き家の管理を委託することも可能です。

Livness

運営会社大和ライフネクスト株式会社
対応エリア全国対応(電波状況が悪い場所や一部の地域を除く)
料金月額9,900円(税込)~
拠点数全国43拠点
主な事業内容マンション管理事業、ビル・商業施設等管理事業、建設業、警備事業など

※対応エリアおよび料金は空き家管理サービスに対して

【提供サービスの詳細】

戸建てプランマンションプラン
月額料金/巡回数11,000円/1回9,900円/1回
機械警備
緊急時駆け付け
有人巡回
通水
通風・換気
庭・庭木確認
簡易清掃
ポスト整理
巡回報告
ポスト整理

※巡回サービスは、戸建ての場合は60分、マンションの場合は40分

Livness(リブネス)は、大和ハウスグループ8社が結集したブランドで、中古住宅に関するさまざまなサービスを展開しています。その中のひとつとして提供している空き家管理サービスでは、LivnessとALSOK(警備会社)の業務提携によってセキュリティに強いサービスを実現しました。

・機械による24時間監視体制
・異常があった際にはALSOKのスタッフが緊急駆け付け対応
・人による巡回サービスで、空き家の内部・外部を管理

これらホームセキュリティと人による巡回サービスを組み合わせることにより、空き家の異常をいち早く検知するとともに、きめ細かな空き家の管理を実施しています。

また、Livnessでは大和ハウスグループに属するそれぞれの会社の得意分野を活かし、空き家の買取や売却のサポート、リノベーションの実施など、空き家オーナー向けのサービスをワンストップで提供しています。

グループ全体で、戸建て639,789戸・マンション97,691戸の住宅供給実績(2021年3月末の累計)、マンション管理戸数376,168戸(2021年3月末現在)、リフォーム施工数年間96,719件(2020年度)など、実績も申し分ないため、空き家の管理だけでなく、空き家関連のお悩み・要望に幅広く応えてくれる会社をお探しの方には特におすすめです。

日本空き家サポート

運営会社株式会社L&F
対応エリア全国対応
料金月額5,500円(税込)~
拠点数1拠点
主な事業内容空き家管理の全国ネットワーク《日本空き家サポート》運営事業、
不動産オーナーマイページ作成サービス《オーナーズクラウド》 運営事業、
不動のプロと法律専門家の全国ネットワーク《家族信託の相談窓口》運営事業

※対応エリアおよび料金は空き家管理サービスに対して

【提供サービスの詳細】

スタンダードライトスタンダードプラス
月額料金/巡回数11,000円/1回5,500円/1回13,000円/2回
郵便受け確認
簡易清掃・雑草除去
建物外部目視点検
庭木の確認
管理看板の設置
防犯確認
全室換気(約40分~60分)
通水(約60秒)
簡易清掃
雨漏り・カビ確認
防犯確認
災害等緊急時無料点検

※月額5,500円のマンション専用プランもあり

日本空き家サポートが提供する空き家管理サービスの大きな特徴は、「信頼・安心」面を重視している点です。

・定期的な各種研修の実施
・管理作業中の喫煙、飲食、近隣へ迷惑となる行為の禁止など、ルールの徹底
・管理作業では外注を行わず、自社対応
・動画や画像を豊富に含んだ管理レポートで安心感を高める

こうした取り組みにより、テレビや新聞、雑誌など数々のメディアで取り上げられるだけでなく、行政関連機関や各種団体から表彰や助成を受けるなど、各所から高い支持を集めています。

もちろん信頼・安心感だけでなく提供サービスの内容自体も充実しており、料金の異なるプランが複数用意されているため、予算・ニーズに合わせた選びやすさも特長です。

また、空き家の管理代行だけでなく、司法書士法人と提携した空き家に関する無料相談窓口、売却をお考えの方向けの無料査定など、空き家オーナー向けのサービスを幅広く提供しています。

【一括比較】おすすめの空き家管理代行サービス4社を比較してみた

レビュー☆5

前述したおすすめの空き家管理代行サービス4社について、さまざまな視点から3段階で評価し、比較に役立つ一覧表にまとめました。

大東建託パートナーズNPO法人空き家・空き地管理センターLivness日本空き家サポート
料金(コスパ)
提供サービスの充実度
実績※
セキュリティ・防犯面
信頼性
他の空き家オーナー向けサービス

※空き家管理代行サービスにおける実績。実績の掲載が少ない場合も含む。

料金面では、「100円管理サービス」が用意されており、なおかつ「しっかり管理」プランでも非常に高いコストパフォーマンスを見せたNPO法人空き家・空き地管理センターが頭ひとつ抜け出ている印象を受けます。

その他の項目では、スタンダードな空き家管理サービスに加え、警備会社と連携したセキュリティサービスを標準で提供しているLivnessが総合的なバランスに優れている印象を受けました。

とはいえ、大東建託パートナーズは不動産業界国内大手の信頼性の高さが魅力的ですし、日本空き家サポートについては空き家代行サービスの実績が豊富であり、信頼・安心感を高めるための独自の取り組みが目を引きます。

どのサービスが適しているかは、コストや提供サービスの内容、信頼性など何を重視するかで変わりますので、各社の特徴を比較しながら相性の良し悪しを吟味すると良いでしょう。

管理のお悩みは空き家活用で解決!

ここまで、空き家を管理する大切さや難しさ、さらには空き家管理代行サービスについての情報をご紹介してきましたが、どのような方法を選んでも空き家の管理では何らかの負担が生じるのも事実です。

自分で管理する場合には、手間や時間、肉体的な負担が生じますし、空き家管理代行サービスを利用すると金銭的な負担が生じます。

何より、空き家は持っているだけで税金をはじめとした維持費が必要な資産ですから、いくら適切に管理していようと、支出ばかりが増え続ける状態は好ましいとはいえないでしょう。

せっかく不動産という立派な資産を持っているのであれば、やはり有効活用しながら物件の維持・管理もすることがベストです。

そこでおすすめなのが、近年空き家オーナーから人気が高まっている「空き家活用」です。

ここで言う「空き家活用」とは、使い道に合わせてリフォーム・リノベーションを施し、第三者に貸し出して定期的な賃料収入を得る方法のこと。

物件を手放す必要がある不動産売却と異なり、空き家活用では物件を所有した状態で資産を有効活用できるため、将来的なさまざまな活用の選択肢を残せるのが大きな魅力です。

ただし、「空き家活用と言っても、リフォーム・リノベーションなどにお金がかかるなら難しい」と考える方もいらっしゃるでしょう。

シンプルな空き家管理ですらお金がかかるというのに、大掛かりなフルリノベーションなどでは1千万円を超える費用が発生するケースも珍しくないため、そう簡単に踏み切れるものではありません。

ですが私たちアキサポは、そうした「空き家活用でネックとなる部分」を踏まえて、より多くの方が空き家活用をはじめられる独自の仕組みをご用意しています。

アキサポのメリット

アキサポの特徴】

・物件の周辺環境や立地条件などの現地調査
・調査結果に基づいて現状分析やマーケティングを行い、活用プランを立てる
・アキサポが全額費用負担し、リノベーション工事を実施
・賃借人・利用者の募集まで行う

特に大きなネックとなっていたリノベーションの費用をアキサポが全額負担することにより、「空き家所有者様の持ち出し0円での空き家活用」が可能です。

アキサポ三冠

サービス提供以来、この仕組みは多くの空き家所有者様からご好評をいただいており、空き家の維持・管理に悩んでいた方々にも多くご利用いただいています。

ちなみに空き家活用では物件を第三者に貸し出すため、入居者による日常的な手入れや点検が行われます。それによって所有者の負担を抑えながら維持・管理を進められる点も大きな魅力です。

空き家活用の大きな強みは、物件の維持・管理を利用者に任せながら家賃収入を得られる点です。アキサポでは、立地・建物の特性・周辺のニーズなどに合わせて、ひとつひとつの物件に合ったベストな使い道を模索できるので、興味がある方はお気軽にお問い合わせください。

アキサポでの空き家活用事例

空き家管理代行サービスに関するまとめ

放置した空き家は特定空家への指定や犯罪リスクなど、さまざまなリスクを高めてしまいますが、定期的に管理する手間や時間がネックなのも事実です。

ですが今回解説してきた空き家管理代行サービスを活用すれば、手間や時間を抑えられるだけでなく、空き家管理のプロによる適切な維持・管理を実現できます。

空き家管理代行サービスを利用する際は、各社の強みや弱みを把握した上で、希望条件や予算を踏まえて比較検討することにより、相性の良いサービスを見つけやすくなるでしょう。

もちろん空き家は活用の仕方次第でさまざまなメリットをもたらす立派な資産ですから、今回ご紹介した「空き家活用のすすめ」を参考にしながら、将来的な使い道についても検討してみてください。