ページタイトル

公開日:2023.08.29 更新日:2024.01.31

【千葉県】空き家買取のメリット・相場|自己負担0円で活用も!

コストゼロ
空き家を活用
改修工事から入居者募集、
維持管理まで
にお任せ
\所有者様はこちら/ 空き家活用の相談をする \空き家のお悩み相談はこちら/ 空き家なんでも相談窓口

空き家を買取に出すか、それとも賃貸や維持を選ぶかは悩む問題ですよね。千葉県はエリアによって住宅需要に差があるので、自分の空き家に適した方法を選びたいところ。そこでこの記事では、空き家買取のメリット・デメリットや千葉県の空き家事情などを解説します。 

空き家買取のメリット・デメリットとは?

かごに入った家

空き家買取は一般的に、「買取価格が比較的安いが、早く処分できる」という特徴があります。

そもそも、空き家買取とは、不動産会社が販売するための空き家を買い取ることを言います。不動産会社にとっては“仕入れ”にあたるため、どうしても買取価格は安くなってしまいます。

しかし、買い手を自分で見つける必要がないため、素早く処分・現金化できるのは大きなメリットです。空き家の維持費がかからなくなるのもポイントです。

つまり、買取価格が安くても早く処分したい、という方におすすめの方法といえるでしょう。

さらに詳しく知りたい方は、以下の記事も参考にしてみてください。

千葉県の空き家買取の相場はいくらか?

千葉の上空からの様子

千葉県は、東京都のベッドタウンとして高い住宅需要があり、北西地域の都市部と、それ以外の地域で建物の数や人口密度が大きく異なります。そのため、空き家の相場も両エリアで差があります。

また、一般的に空き家買取相場は売却価格の約7割であるため、千葉県の空き家買取相場についても住宅の売却価格が分かれば参考価格を算出できます

そこでここでは、千葉県の大まかな空き家の売却価格相場と参考買取相場を紹介します。

ちなみに、千葉県の空き家事情について詳しく知りたい場合は、以下の記事で解説していますので参考にしてください。

買取相場(参考価格)

千葉県全域の空き家の売却価格と参考買取の相場はそれぞれ以下のとおりです。

千葉県全域の住宅価格相場(2022年10月時点)

・売却価格相場:2,299万円
・参考買取相場:1,609万円(売却価格相場の7割)
・建物面積:104㎡(中央値)
・土地面積:162㎡(中央値)
・築年数:23年(中央値)

出典:SUUMO

千葉県はエリアによって売却相場・買取相場に差があるため、参考に都市部と地方部についても2箇所ずつ紹介します。

都市部

千葉市中央区の住宅価格相場(2022年10月時点)

・一戸建て売却価格相場:2,485万円
・参考買取相場:1,739万円(売却価格相場の7割)
・建物面積:105㎡(中央値)
・土地面積:147㎡(中央値)
・築年数:20年(中央値)

出典:SUUMO

松戸市の住宅価格相場(2022年10月時点)

・一戸建て売却価格相場:2,580万円
・参考買取相場:1,806万円(売却価格相場の7割)
・建物面積:96㎡(中央値)
・土地面積:117㎡(中央値)
・築年数:22年(中央値)

出典:SUUMO

地方部

茂原市の住宅価格相場(2022年10月時点)

・一戸建て売却価格相場:1,280万円
・参考買取相場:896万円(売却価格相場の7割)
・建物面積:108㎡(中央値)
・土地面積:206㎡(中央値)
・築年数:30年(中央値)

出典:SUUMO

館山市の住宅価格相場(2022年10月時点)

・一戸建て売却価格相場:1,435万円
・参考買取相場:1,004万円(売却価格相場の7割)
・建物面積:104㎡(中央値)
・土地面積:253㎡(中央値)
・築年数:30年(中央値)

出典:SUUMO

買取相場の調べ方

さらに詳しく買取相場を調べたい場合は、以下の4つの方法が役に立ちます。

1.匿名査定ができるWebサイトを利用する
Web上で、空き家の所在地や築年数、構造などを入力することで大まかな査定価格を知ることができる
2.レインズ マーケット インフォメーション(レインズ)を使う
国土交通省指定の不動産流通機構が運営・管理する不動産取引情報サイト。物件種別や取引価格、土地・建物の面積などが調べられる(レインズ マーケット インフォメーション
3.土地総合情報システムを参考にする
「地価公示及び地価調査データ」と「不動産取引価格のアンケート結果」を調べられるサイト。国土交通省のWebサイトで閲覧できる(土地総合情報システム
4.路線価図から調べる
路線(道路)ごとに、面している宅地の1平方メートルあたりの価格を記した図。国税庁のWebサイトで閲覧できる(路線価図・評価倍率表

概算を知りたい程度であれば、匿名査定サイトを利用するのが手軽です。もう少し具体的に知りたい場合は、レインズで条件の似た物件を探すのがおすすめです。

さらに、個別に具体的に知りたい場合は、土地総合情報システムや路線価図を参考にし、必要に応じて不動産会社に査定依頼をするとよいでしょう。

以下の記事では、買取相場の調べ方をさらに具体的に解説しています。高く売るコツも解説しているので参考にしてみてください。

空き家買取の一括見積サイトのご紹介

査定報告書

空き家を高く売るには、できるだけ多くの不動産会社に査定を依頼するのがコツ。

空き家の買取価格を素早く、手軽に知りたい場合は、Webからまとめて査定を依頼できる「一括見積サイト」が便利です。

一括見積サイトとは、Webサイトを介して、提携している不動産会社に一括で査定依頼ができるサービスのこと。入力が1度で済むので、いちいち不動産会社ごとに依頼をし直す必要がありません。

代表的な一括査定サイト

HOME4U
NTTデータグループ運営の国内最大級の不動産情報サイト。厳選2,100社と提携している
SUUMO
物件種別とエリアから、かんたん60秒入力で査定依頼ができる。全国に対応している
イエウール
日本で1番、家を売りたい方に選ばれている売却査定サイト(※)。最大6社に一括査定可能

※ 2022年1月現在「不動産の一括査定サイトに関するランキング調査」より(株)東京商工リサーチ調べ

空き家は買取以外にも、活用という選択肢があります!

ここまで、空き家買取のポイントについて解説してきましたが、買取が最良の選択肢とは限りません。

そこで覚えておきたいのが、「空き家活用」という選択肢です。

空き家の売却と活用は、それぞれメリットが異なり、一長一短の特徴を持っています。空き家の需要が高い場合や、古民家のようなブランド価値がある場合などは、活用を選ぶことで長期的な収入につなげられる可能性もあります。

そこでここでは、空き家活用のメリットと、自己負担0円で空き家活用を実現する方法を紹介します。

空き家活用の4つのメリット

空き家活用のメリットは、主に以下の4つです。

・家賃収入を得られる
・資産価値を維持または向上できる
・税金などの経済的負担が減る
・倒壊・防犯面などのリスクを回避できる

空き家活用の大きな特徴は、物件を所有したまま収入を得られることです。そのため、空き家の需要がある限り、家賃収入を得ることができ、さらに、借り手が日常管理を行ってくれることで、物件の資産価値維持も見込めます。

また、空き家を手放したくない場合、固定資産税を始めとした維持管理費が負担になりますが、家賃収入を得ることでこの負担を軽減することも可能です。さらに、空き家に付きまとう倒壊や防犯面のリスクを、居住者がいることで軽減できる点も大きなメリットといえるでしょう。

このように、空き家活用には多くのメリットがあります。大切な実家を守りたい、将来的に再利用したいなど、悩みを抱えている方は、以下の記事でさらに詳しく解説しているので、ぜひ参考にしてください。

自己負担0円でリノベーションし賃貸として活用する方法!

アキサポの仕組み

空き家活用を検討する際に覚えておきたい方法の一つに、自己負担0円(※)で空き家活用をはじめられる、空き家活用サービス「アキサポ」があります。

空き家活用には多くのメリットがありますが、じつは“初期費用”という大きなハードルがあります。借り手を見つけるために、使い勝手の改善や破損個所の修繕などが必要になり、フルリノーベーションをすれば1000万円以上かかることも珍しくありません。

この初期費用をクリアするために、「アキサポ」は最適なサービスです。アキサポが空き家オーナー様から空き家を借り上げ、アキサポの費用でリノベーションをしてから貸し出すため、初期費用をかけることなく空き家活用を始められます。

また、契約期間中は、月々の賃料の一部を空き家オーナー様に還元するため、継続的な収入も得ることができます

もし、初期費用というハードルで空き家活用を始められない場合は、気軽にアキサポにご相談ください。相談や事務手続き費用もかかりませんし、空き家を専門に取り扱ってきたノウハウとネットワークで、最適なプランを提案します。

※ 建物の状況等によっては、一部費用のご負担をお願いする場合がございます。

まとめ

千葉県の空き家は東京都のベッドタウンという特性上、都市部と地方部で価格が大きく異なります。それだけに、空き家の買取を頼むときは、地域に詳しい不動産会社に依頼することが大切です。

また、買取価格に納得できない場合は、空き家活用という選択肢があることも覚えておきましょう。立地や物件の特徴によっては、空き家活用の方が適している場合もあります。

そして、空き家活用を考えるなら、ハードルとなる初期費用をはじめ、必要費用の自己負担を0円(※)にできる「アキサポ」の利用を検討してみてください。

※ 建物の状況等によっては、一部費用のご負担をお願いする場合がございます。

また、アキサポでは「活用」以外にも、所有者様のご意向や物件の内容等によって売買仲介や買取、土地有効活用など、空き家に関するお悩みの解決方法を幅広くご提案させていただきます。まずはお気軽にお問合せください。

アキサポに空き家「活用」の相談をしてみる

アキサポに空き家「買取」の相談をしてみる