ページタイトル

公開日:2023.12.08 更新日:2024.02.14

群馬県の空き家活用方法を徹底解説!自己資金0円でリノベーションし賃貸収入を得る方法とは?

コストゼロ
空き家を活用
改修工事から入居者募集、
維持管理まで
にお任せ
\所有者様はこちら/ 空き家活用の相談をする \空き家のお悩み相談はこちら/ 空き家なんでも相談窓口

群馬県は県域の東南部に人口の7割ほどが集中するなど、エリアごとに発展度合いや環境が大きく異なる性質を備えており、空き家事情も多種多様です。

そこで今回は、群馬県の空き家事情を解説するとともに、おすすめの空き家活用方法、活用時のリノベーション費用相場、空き家活用関連の補助金制度など、役立つ情報を分かりやすくまとめます。

空き家をお持ちの方向けに「自己負担0円での空き家活用方法」も合わせて紹介しますので、ぜひチェックしてみてください。

群馬県の空き家事情

近年の群馬県における空き家事情を探るため、まずは以下のデータを見てみましょう。

出典:平成30年住宅・土地統計調査 群馬県結果の概要

上記は1963年(昭和38年)〜2018年(平成30年)にかけての群馬県における空き家数および空き家率の推移をまとめたグラフです。

調査開始以来、空き家数・空き家率は共に右肩上がりの状態が続いており、空き家率は2018年に過去最高の16.7%を記録。この数字は全国で12番目の高さとなっており、群馬県が空き家率の高いエリアである(全国平均は13.6%)ことを示しています。

こうした状況を打開するため、群馬県内でも行政がさまざまな対策を打ち出しており、空き家関連の総合相談窓口を設置するだけでなく、「群馬県空き家対策セミナー」「群馬県空き家管理事業者情報提供制度」「群馬県空き家活用・住みかえ支援事業」など多角的な支援体制の整備を進めている状況にあります。

群馬県で空き家活用する際に押さえておくポイント

全国平均を上回る空き家率となっている群馬県ですが、エリアごとに大きなギャップがある点をまずは押さえておきましょう。

【群馬県内の空き家率トップ10市町村(2018年時点)】

順位市町村名空き家率(%)
1みなかみ町23.3%
2桐生市20.9%
3大泉町20.3%
4中之条町20.0%
5沼田市17.9%
6安中市17.7%
7渋川市16.9%
8館林市16.7%
9みどり市16.3%
10前橋市15.9%

出典:平成30年住宅・土地統計調査 群馬県結果の概要

上記は2018時点における群馬県内の空き家率が高い市町村のランキングですが、群馬県全体が16.7%であるのに対し、エリアによっては20%を超えているところがあることを示しています。

ちなみに空き家率の高さと人口の少なさは比例しているわけではなく、小規模な自治体からある程度大きな規模の自治体まで、さまざまなエリアがランクインしている状況です。

住宅需要や不動産需要が低いエリアが空き家率が高くなりやすいことから、空き家活用を進める際には空き家率を参考にして需要の多さ、需要の内容などを考えると良いでしょう。

ただし、空き家率が低いエリアだからといって空き家の活用が難しいとは限りません。

例えば、住宅需要が低くなりがちな田舎のエリアでも、自然を活かした宿泊施設として活用されるパターンや、近年人気の高まっている古民家風賃貸物件として活用できる可能性もあります。

大切なのは「エリアごとに異なる需要の傾向を踏まえて、相性の良い活用方法を見つける」ことです。空き家の利活用に精通した専門家に相談してみるのも手でしょう。

群馬県で空き家をリノベーションし賃貸物件として活用する方法

空き家を賃貸物件として活用するためには、「借り手にとって魅力的な物件であること」が求められますが、その上で有効なのがリノベーションです。

活用前にリノベーションすれば、耐久性・耐震性を高められるだけでなく、見た目的にも魅力的な物件に仕上げることができます。

ですが空き家をリノベーションする際には費用面が気がかりでしょう。

そこでここからは、空き家のリノベーションにかかる費用の相場、さらには初期費用を抑えてリノベーションした上で活用する方法も合わせて紹介します。

空き家のリノベーションには費用がかかる

リノベーション費用は、工事の箇所別に細分化されているのが基本であるため、今回は工事箇所別の費用相場を一覧表にまとめました。

居住空間関係

水回り関係

内装・外装関係

その他

出典:部位別リフォーム費用一覧(国土交通省)

費用相場を順に見ていくと、安いもので数万円から高いもので1,000万円以上かかるものまで非常に幅広いことが分かります。

とはいえ、空き家は一定の築年数が経過しており劣化や損傷が進んでいるケースが多いため、ある程度のクオリティに仕上げるには、数百万円以上のリノベーション費用がかかるのが一般的です。

リノベーション費用の詳細や事例などについてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事をチェックしてみましょう。

自己資金負担0円でリノベーションし活用する方法

空き家を賃貸物件として活用する上で効果的なリノベーションですが、やはり高額な費用がネックだと感じる方は多いでしょう。

ですが自己資金の負担を0円に抑えてリノベーションした上で活用する方法があることをご存じでしょうか。

「アキサポ」では以下の仕組みにより、空き家所有者様の自己負担0円(※)でリノベーションできるだけでなく、そのまま賃貸物件として活用をはじめられます。

もちろん空き家活用に必要な現地調査、プランニング、リノベーション、利用者募集などもアキサポがフルサポートしますので、手間と費用を抑えて空き家を有効活用したい方には特におすすめです。

※建物の状況等によっては、一部費用のご負担をお願いする場合がございます。

群馬県で空き家リノベーション活用する場合の具体的なイメージ・事例

一口に「空き家活用」といっても活用の仕方は非常に幅広く、豊富な選択肢が用意されています。

そこで空き家活用の具体的なイメージをつかんでいただくために、ここからはアキサポが実際に手がけた空き家活用事例をいくつかご紹介します。

事例1:【神奈川県厚木市上荻野】無垢材で建築したこだわりの家は大反響の賃貸住宅へ

建築年月2004年3月
延床面積約93.56㎡
構造木造2階建
活用事例賃貸住宅

無垢材で建築したこだわりの注文住宅を活用した事例です。

注文住宅ならではの個性を活かし、一部を修繕した上で所有者が新築当時に目指したテーマである「大人の秘密基地」を押し出す形で入居者を募集したところ、わずか2週間で何組ものお申し込みをいただく結果となりました。

事例2:【三鷹市井口】車庫空間の面影を残し落ち着きのあるコリビング(co-living)へ

建築年月1967年8月
延床面積44.09㎡
構造木造2階建
活用事例コリビング(co-living)

約10年間空き家だった築50年超の物件を活用した事例です。

駅周辺に商店街が充実している立地の特性を踏まえて、ベストな活用方法を検討。以前の面影を残しつつ、新たな空間も生み出すリノベーションを実施し、外部の方も利用できるコリビング(※)へと生まれ変わりました。

※シェアハウスとコワーキングスペース、両方の特徴を合わせた住居

事例3:【豊島区南長崎】地元文化の新たな発信拠点。マンガの街・南長崎の時計修理店からブックカフェへ

建築年月1990年9月
延床面積約35.41㎡
構造鉄骨造4階建
活用事例ブックカフェ

「マンガの街」として知られる豊島区南長崎の時計修理店を活用した事例です。

所有者様の「商店街を盛り上げたい」という熱い想いに加え、「マンガの街・南長崎」の特徴を活かすために地域活性化を目的に改修を実施しました。

改修後はブックカフェとしてだけでなく、イベントやサービスの提供、既存の古本市場と連動した新たな展開拠点など、新たな「集いの場」として地域活性化に貢献しています。

群馬県の政府や自治体による空き家活用関連の補助金制度

空き家問題解消のため、近年では空き家活用に関わるさまざまな補助金が用意されています。

補助金のタイプは主に、「空き家の解体」「空き家の改修」「空き家の取得」の3種類に分かれていますが、具体的にどのような補助金が用意されているのかは自治体によって異なります。

参考までに、群馬県内で用意されている空き家関連の補助金をいくつかご紹介します。

名称補助金の種類対象エリア
空き家活用リフォーム補助空き家の改修前橋市
沼田市空き家解体補助金空き家の解体沼田市
空家除却補助事業補助金空き家の解体太田市
きりゅう暮らし応援事業(住宅取得応援助成)補助金空き家の取得桐生市

群馬県の空き家を活用するその他の方法・手段

賃貸物件として活用する以外にも、空き家には以下のようなさまざまな使い道が用意されています。

①リノベーションして賃貸物件として活用
②建物ごと売却する
③建物を解体して土地を売却する
④不動産会社に買取してもらう
⑤無料譲渡する
⑥自分で住む
⑦空き家バンクの利用

大切なのは、選択肢ごとのメリット・デメリットを把握した上で適したものを選ぶことですので、ここから紹介する7つの空き家の活用方法・手段を参考にしながら検討してみましょう。

①リノベーションして賃貸物件として活用

すでにご紹介してきましたが、リノベーションして賃貸物件として活用する方法はバランスの取れた空き家活用法だといえます。

他の使い道と大きく異なるのは、空き家を手放すことなく運用できるところ。

賃貸物件として活用すれば安定した家賃収入を得られますし、売却とは異なり手元に残したまま活用できるため、将来的に「売却」「子供に譲る」「自分で住む」といった異なる使い道の可能性を残せるメリットがあります。

また、気がかりなリノベーション費用についても、「アキサポ」のように自己負担を抑えられる選択肢が用意されているため、幅広いニーズをカバーできる空き家活用法として近年では特に人気を集めています。

② 建物ごと売却する

建物に一定の資産価値や需要が見込める場合は、空き家を建物ごと売却するのも選択肢のひとつです。

建物ごと売却する場合は解体にかかる時間や費用を削減できますし、立地や建物の状態次第ではまとまった現金収入を得られるのが大きなメリットでしょう。

一方で「建物ごと売却したい」と考えて売りに出しても希望額で買い手が付くとは限りませんし、売却成立まで時間がかかってしまう点はデメリットだといえます。

③ 建物を解体して土地を売却する

建物ごと売却するのが難しい場合、建物を解体した上で更地にしてから売却するのも手です。

特に住宅需要が見込めるエリアの場合、買い手は「新築物件を建てたい」と希望するケースが多いため、購入後に解体の必要がない更地のほうが売却しやすくなる可能性は高くなります。

ただし、解体にはまとまった費用がかかるだけでなく、更地にした後は固定資産税と都市計画税の減税措置が外れて税金がアップしてしまう点はあらかじめ留意しておきましょう。

④ 不動産会社に買取してもらう

とにかく早く空き家を売却したいという方におすすめなのが、「不動産会社に買い取ってもらう方法」です。

売り手と買い手をつなぐ不動産仲介の場合、買い手が見つからない限りは売却が成立しません。

一方の不動産買取では「買い手=不動産会社」となるため、買い手を新たに探す必要がなく、スピーディに売却できるメリットがあります。

ただし、デメリットとして売却額が不動産仲介の7割程度になってしまうため、価格重視の場合は他の方法を検討しましょう。

⑤ 無料譲渡する

無料譲渡とは、文字どおり「土地・建物の価格を0円で譲り渡す取引」を指します。

譲渡時に贈与税や不動産取得税、登録免許税などの諸費用が発生するため、正確には完全に0円の取引ではありませんが、少なくとも土地・建物の価格自体は0円ですので利益は出ません。

有償では買い手が付かない空き家を所有しており、なおかつ維持・管理にかかる手間やコスト、空き家特有のリスクを回避したいなどの理由を抱えていて「タダでも良いから手放したい」という場合には、無料譲渡という選択肢を検討するのも良いでしょう。

⑥ 自分で住む

活用や売却ではなく、空き家に自分で住むのも立派な使い道のひとつです。

ただし、自分で住む場合でも、空き家の多くは耐久性や耐震性に問題があったり、劣化が進んでいたりするケースが多いため、事前にリノベーションしておくのがおすすめです。

リノベーションすれば安全性や住みやすさは向上しますし、将来的に利活用する場合にも有利に働くため、「再度空き家になる可能性」まで考慮してリノベーションの内容を検討すると良いでしょう。

⑦ 空き家バンクの利用

「空き家を貸したい・売りたい人」と「空き家を借りたい・買いたい人」をマッチングする空き家バンクは、群馬県でも多数の自治体が設置しています。

空き家バンクでの住宅の取得、取得後の改修などに対しては補助金や助成金が適用されるケースがあり、お得に空き家を購入したい人から人気を集めている点が大きな特徴です。

もちろん買い手からの人気が高いということは、売り手にとっても一定の需要が見込めることを意味しますから、他の方法では買い手がなかなか見つからない場合などに検討してみると良いでしょう。

【借りたい方向け】群馬県での空き家の探し方

群馬県で空き家を借りたい場合、探し方としては主に4つの方法があります。

ここでは4つの方法ごとの特徴やメリットなどを紹介しますので、参考にしてください。

① 空き家マッチングサービスの利用

空き家マッチングサービスとは、「空き家を売りたい・貸したい人」と「空き家を買いたい・借りたい人」双方からヒアリングを行い、マッチングするサービスです。

マッチングという点では空き家バンクと同じに感じるかもしれませんが、空き家バンクの場合、買い手・売り手の間にスタッフが入るようなサービスは提供されていません。

一方の空き家マッチングサービスでは、専門スタッフが双方の意見や悩み、希望条件などをヒアリングした上で相性の良い物件を探すため、「じっくり相談しながらぴったりな物件を探したい」人におすすめです。

アキサポでもお客様からの希望条件などをもとに物件探しのサポートをしていますので、気になる方はお気軽にお問い合わせください。

② 地域の不動産屋を利用する

地域の不動産屋を利用する方法には以下のようなメリットがあります。

・世間には出回っていない物件を紹介してくれる
・不動産屋と直接やりとりしながら疑問や不明点を解消できる
・近隣の環境や利便性などに精通しているので、リアルな情報が得られる

これらは地域の不動産屋を利用する特有のメリットですので、空き家を借りたいエリアを絞り込めている場合は直接出向くのも手でしょう。

③ 賃貸・不動産のポータルサイトを利用する

at home、SUUMO、HOME’Sなどの賃貸・不動産のポータルサイトは、インターネットを通じて時間や場所を選ばず効率的に物件探しできるのが最大のメリットです。

特に近年のポータルサイトは非常に細かく条件を設定して物件を抽出できますので、まずはエリアごとの価格相場や物件の特性などをつかみたい場合に利用してみると良いでしょう。

ただし、掲載されている情報はフォーマット化されている限られた情報ですので、ポータルサイトの情報だけで決めてしまうのはリスキーです。

④ 空き家バンクで探す

空き家バンク経由の取引では仲介手数料などが発生しないため、比較的割安に空き家を取得できます。

そのため、少しでも無駄なコストを抑えたいという方は気になるエリアの空き家バンクをチェックしてみましょう。

ただし、エリアによっては掲載数が極端に少ない、もしくは1軒も掲載されていない場合もありますので、他の方法も使い分けながら物件探しを進めると良いでしょう。

群馬県の空き家リノベーション・活用のまとめ

群馬県は市町村によって空き家率に大きな差が出ていますが、特定のエリアに偏っているわけではありません。

また、空き家率が高いからといって空き家活用の見込みがないとは限りませんので、ベストな使い道が定まらない場合は専門家に相談しながら模索していくことをおすすめします。

アキサポではお客様の要望やお悩みを踏まえた上で、空き家活用、売却、解体、建替など、さまざまな提案が可能ですので、まずはお気軽にご相談ください。

アキサポに空き家「活用」の相談をしてみる

アキサポに空き家「買取」の相談をしてみる